3月2日(土) 横浜そごう9階で「デフリンピック・フェスティバル」が開催されます!

2019年01月19日

 「デフリンピック」とは、聴覚障害者のオリンピックであり、夏季大会は1924年にフランスで、冬季大会は1949年にオーストリアで初めて開催され、以降4年ごとに世界各地で開催されています。直近では、2017年第23回夏季デフリンピックがトルコのサムスンで開催され、多くの日本代表選手がすばらしい成績を収めました。
 しかし、オリンピック、パラリンピックに比べ、ほとんどの人がデフリンピックのことを知らず、せっかく努力してメダルをとっても注目されず、競技環境も恵まれないため、競技を続けることをあきらめる人も少なくありません。
 そこで当連盟の上部団体である全日本ろうあ連盟は、デフリンピックをもっと多くの方に知っていただき、聴覚障害者のスポーツ(デフスポーツ)を盛り上げ、若い聴覚障害者のアスリートや子供たちに夢と希望を与えることを目的に、2019年3月2日(土)に神奈川県横浜市で「デフリンピック・フェスティバル」を開催することを決めました。
 シドニーオリンピック金メダリスト・柔道日本代表監督の井上康生さんの講演のほか、デフリンピアンの講演、アトラクション、各種ブース出展など、賑やかなイベントとなりますので、多くの皆様のお越しをお待ちしています。
日 時:2019年3月2日(土)13:00~17:00
場 所:新都市ホール(神奈川県横浜市西区高島2-18-1、そごう横浜店9階)
        (横浜駅から徒歩5分、横浜駅東口「地下街ポルタ」直結)
内 容:アトラクション、オリンピアン講演、デフリンピアン講演
    デフリンピック・デフスポーツの啓発について 等
定 員:1,000名(入場無料・申込不要)
    ※どなたでも参加できます。当日、整理券を配布予定です。
     ただし、準備の都合上、盲ろう通訳を必要とされる方、車いすの方、
     その他配慮が必要な方は2月1日(金)までに申し込みが必要です。
※手話通訳・要約筆記あり。
詳しくは以下のページをご覧願います。
デフリンピックフェスティバルのページ
デフリンピックフェスティバルチラシ